フットベースボール

Foot baseball

長野県障がい者スポーツ推進
プロジェクト実行委員会

どんな競技?

 知的障がいの選手が参加する球技です。ソフトボールのルールに準じて行います。

 ボールは、サッカーボール(ゴム製4号球)を使用します。

 投手は股下から両手でボールを転がし、攻撃はボールを蹴って行います。

 

 1チーム9人で競技し、男女の区分はありません。

 

 打撃を行うキッカーは、一般のソフトボールと同じように、打球後1塁、2塁、3塁、ホームベースの順に走塁し、ホームインすると得点になります。

競技の概要

<チーム編成>

▷1チームは15名以内の選手で構成され、うち試合に出場している選手は

 9名で、交代選手は6名以内です。なお、指名選手という打撃専門の選

 手を採用した場合の出場選手は10名になります。

<試合の手順>

▷1回の攻撃は3アウトでチェンジ、試合は7回または60分が経過した回

 までです。

▷投手は、投手板に両足を触れてキッカーに正対し、両手でボールを持っ

 て静止した後、股の下から両手で転がして投球します。

▷打撃は足でボールを蹴ることで行います。キッカーは、ホーム

 ベースを先端にした縦2.5m、横1.5mのキッカー席内に軸足を

 置いて蹴らなければなりません。

 フェアボールを蹴るか、四球を得ると、キッカーは走者になり、

 走者がホームインするごとに1点になります。

▷打者が、空振りした場合やストライクゾーンに来た球を見逃し

 た場合は、ストライクとなります。3ストライクでアウトです。

▷野手が飛球をノーバウンドで捕球すると、打者はアウトになります。

◇ストライクゾーンは高さ10cm

 投手の手を離れたボールは、投手板と本塁ベースの間を3回以上のバウンドまたはゴロで通過しなければなりません。

 ホームベース上の平面をボールが通過すればストライクであることは一般のソフトボールと同様ですが、高さについては、本塁上方10㎝以内の空間をボールの下端部が通過しなければなりません。。

 

◇ジャンプするとアウト

 キッカーがジャンプしてボールを蹴ったときは、アウトになります。

なるほどルール

◇ピッチャーがボールを持てば、走者を止められる

 フットベースボールには、「停止球」というルールがあります。

 投手が野手からの返球をピッチャーズサークル内で保持(片足だけサークル内にある場合を含む)したときは、塁間にいた走者(キッカー走者を除く)は元の塁に戻らなければなりません。

ここがおもしろい!

体験したい

☞​こちらにお問い合わせください

〇フットベースボールを体験してみる

問合せ先:長野フットベースボールクラブ 安曇野レッズ

担 当 者:中平 考

連 絡 先:090-2736-4290

メ ー ル:xwwrf691@yahoo.co.jp

問合せ可能時間:いつでも(不在時は折返しTELします)

〇用具を借りる

​同上

(参考文献)  『障がいのある人のスポーツ指導教本(初級・中級)2020年改訂カリキュラム対応』

        ぎょうせい 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会編 2020年

         『全国障害者スポーツ大会競技規則集』 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 2020年

        また、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会のホームページから抜粋して引用しています。

        https://www.jsad.or.jp/about/referenceroom_data/games-guide_03.pdf

【お問合せ】
公益財団法人 長野県障がい者スポーツ協会
​(長野県障がい者スポーツ指導者協議会事務局)
381-0008 長野県長野市下駒沢586
        長野県障がい者福祉センター内
TEL:026-295-3661
FAX:026-295-3662
E-mail:info@nsad.or.jp
​会員募集中