協会について

ごあいさつ

公益財団法人

長野県障がい者スポーツ協会

​理事長 奥原 明男

chairman.png

 長野県障がい者スポーツ協会のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 この度、公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会理事長に就任いたしました。

 ここに謹んでご挨拶申し上げます。

​ もとより微力でございますが、障がい者スポーツの発展のため全力を尽くす所存でございますので皆様方のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

 当協会は、平成6年(1994年)に設立し、長野パラリンピック冬季大会(1998年)、スペシャルオリンピックス冬季世界大会(SO)(2005年)の開催を経て、平成28年(2016年)公益法人化に移行し、県内の障がい者のスポーツ振興に取り組んでおります。

 2028年国民スポーツ大会と全国障害者スポーツ大会(信州やまなみ国スポ・全障スポ)

長野県開催に向けて障がい者スポーツに対する関心も一段と高まり、これを機に、障がい者スポーツの裾野を広げていくとともに、競技力の向上、競技団体の充実に取り組んでまいりたいと考えております。

 スポーツが持つ力は計り知れません。スポーツは健康増進はもとより自立の促進、人と人を結び、共に認め合う共生社会の充実に繋がると考えます。

 一人でも多くの障がい者がスポーツに触れられる環境を目指してまいりたいと思います。引き続きご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 

parawaveNAGANOロゴ.jpg