​障がい者スポーツって?

ポジティブな生き方の表現、

 そして、暮らしやすい社会のあり方を示すもの

     それが障がい者スポーツなんじゃないかな

​会員募集中

〇できないことに注目するのではなく、できることに注目する

 

   パラリンピックの創始者グットマン博士は、こう言っています。

      「失った機能を数えるな。残った機能を最大限に生かせ。」

 

〇身体をスポーツに合わせるのではなく、スポーツを個人の身体の状況や発達状況に合わせる

 

   障がい者スポーツでは、そのルールや用具、運動の仕方(技術)を個人の身体的状況や発達

  状況に合わせています。

   障がいがあっても活用できる能力を生かしてプレーできるよう考案され、工夫されたスポーツ

  であることから、「アダプテッド・スポーツ(adapted sports)」と称されます。

   アダプテッドは、社会全体にも当てはまる考え方ですね。

   ※adaptは、「適応させる」という意味

〇障がいがある人もない人も楽しめる

   障がい者スポーツは、誰でも、年齢に応じ、体力や技能に応じて楽しめます。

   また、障がいがある人とない人がペアを組む車椅子ダンスや、国内ルールでは目の見える人がゴール

  キーパーを務めることができるブラインドサッカーのように、障がいがある人とない人が一緒に行う競技

  もあります。

   障がい者スポーツは、健康づくり、生きがいづくりに最適です。

〇奥が深い

   気軽に始められ、楽しめる一方で、高い競技性を追求できるのも障がい者スポーツです。

   パラリンピックやデフリンピックでは、鍛え抜いた力と技を競います。

 ※公平に競技するための「クラス分け」がある

   競技の公平さを保つためにクラス分けがあります。

   障がい者スポーツでは、選手の残存機能や障がいの程度が異なるため、グループに分類し、

  同じグループの選手同士が競い合うようにするためのクラス分けを行います。全国障害者スポー

  ツ大会ではクラス分けを「障害区分」と呼んでいます。

   障がいには、身体障がい、知的障がい、精神障がいの3障がいがありますが、身体障がいにつ

  いては、さらに肢体不自由、視覚障がい、聴覚障がい、内部障がいに分けた上で、障がいの状態

  に応じたきめ細やかなクラス分けが行われます。

どんな競技があるの?

 

◇「全国障害者スポーツ大会」の種目としては

 <個人競技>

  陸上競技、水泳、アーチェリー、卓球・サウンドテーブルテニス、フライングティスク、

  ボウリング、ボッチャ (ボッチャは、第21回三重大会から)

 <団体競技>

  バスケットボール、車いすバスケットボール、ソフトボール、グランドソフトボール、

  バレーボール、サッカー、フットベースボール

◇まだまだたくさん

  車いすテニス、車いすフェンシング、車いすダンス、柔道(視覚障がい)、

  スポーツウエルネス吹矢、自転車、馬術、ゴールボール、パワーリフティング、

  ボート、セーリング(ヨット)、射撃、シッティングバレーボール、ブラインドサッカー(5人制サッカー)、

  電動車椅子サッカー、アルペンスキー、クロスカントリースキー、バイアスロン、パラアイスホッケー、

  チェアカ-リング など

2019ジャパンパラ水泳競技大会
撮影:​有限会社エックスワン

(参考文献)  『障がいのある人のスポーツ指導教本(初級・中級)2020年改訂カリキュラム対応』 

         ぎょうせい (公財)日本障がい者スポーツ協会編 2020年

         『障がい者とスポーツ』 岩波書店 高橋明 2004年

長野県障がい者スポーツ推進プロジェクト実行委員会
【お問合せ】
公益財団法人 長野県障がい者スポーツ協会
​(長野県障がい者スポーツ指導者協議会事務局)
381-0008 長野県長野市下駒沢586
        長野県障がい者福祉センター内
TEL:026-295-3661
FAX:026-295-3662
E-mail:info@nsad.or.jp
​会員募集中