チャレンジ精神(その1)

10/04/2017

南信州在住のHさんです

 

数年前に脳出血を患い、右半身麻痺の後遺症があります

 

そんなHさんから数ヵ月前  “レーサーをやってみたい”  と

 

県障スポ協に問い合わせメールがありました

 

本日念願のレーサー試乗の実施です!!

 

 

秋晴れの伊那市陸上競技場(障がい手帳保持者減免あり)

 

平日の昼間ということもあり

 

貸し切り状態 ヽ(^。^)ノ

 

 

 

  若い頃趣味で自転車をやっていたというHさん

 

     きっと数年ぶりに感じる ~ ~ 風 ~ ~  

 

         気持ちよさそうです

 

 

 

 

障害特性で

 

 「出来る競技 出来ない競技」

      

 「むいている競技 むいていない競技」   ってありますよね

 

 けど、やらずに諦めるより

 

 チャレンジしてみる気持ち が一番大切だと思うんです!

 

 そして、競技を始める年齢なんて関係ありませんよね!!

 

 正直Hさんの障害特性的にレーサーは難しかったのかもしれません///

 

 しかし、やってみて次に繋がる事もあります

 

 Hさん。

 

 次は ハンドサイクルにチャレンジしてみましょう!

 

                         注)掲載写真はご本人に承諾済です

                              転 載 禁 止

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

地域コーディネーターは、

 

皆さんの“やりたい やってみたい”という気持ちを大切にしています

 

お気軽にお問い合わせください

 

携帯:080-6935-1969

 

eメール:nagano.dsac@gmail.com

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Google+でシェア
Please reload

最新ブログ

January 28, 2019

September 5, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー
Please reload

【お問合せ】
公益財団法人 長野県障がい者スポーツ協会
​(長野県障がい者スポーツ指導者協議会事務局)
381-0008 長野県長野市下駒沢586
        長野県障がい者福祉センター内
TEL:026-295-3661
FAX:026-295-3662
E-mail:info@nsad.or.jp