ソフトボール体験会を開催しました

 令和2年11月1日、駒ヶ根市の丸塚グラウンドで知的障がいのある方を対象にしたソフトボール体験会を開催しました。

 体験会には、社会福祉法人アンサンブル会から33名の方が参加され、キャッチボール、ティーバッティングなどでウォーミングアップをした後、ミニゲームを実施。ミニゲームは、運動場を2面に分け、ソフトボールや野球の経験がある方々はソフトボールを、初心者の方にはティーボールを楽しんでいただきました。ソフトボールのコートでは白熱した試合が展開され、結果、6対6の引分け。参加者からは、「楽しかった」「これからも頑張ります」などの感想をいただきました。


 今回の体験会は、飯田高等学校女子ソフトボールクラブの村田敏郎外部コーチの指導の下で行われ、長野県ソフトボール協会、伊那養護学校など多くの皆様のご協力をいただきましたが、伊那西高等学校ソフトボールクラブの部員の皆様にもサポートをしていただき、参加選手の皆さんは安心して思いきりプレーを楽しむことができました。


 また、今年、県立高等学校から寄贈していただいたバット、グラブなどの用具を活用させていただきました。

2028年に長野県での開催が予定されている全国障害者スポーツ大会に向け、県内から多くの皆様にご参加いただきながらソフトボールの長野県チームを立ち上げていきたいと思います。

最新ブログ
アーカイブ
カテゴリー
【お問合せ】
公益財団法人 長野県障がい者スポーツ協会
​(長野県障がい者スポーツ指導者協議会事務局)
381-0008 長野県長野市下駒沢586
        長野県障がい者福祉センター内
TEL:026-295-3661
FAX:026-295-3662
E-mail:info@nsad.or.jp
​会員募集中