第2回電動車椅子サッカー大会が開催されました

電動車椅子サッカーを通じてお互いの親睦を深めるとともに、選手の育成、強化、技術向上を目的とし、競技の普及・振興を図るため、昨年度に続いて平成30年8月11日(土)に松本市総合体育館において、第2回電動車椅子サッカー大会が開催されました。 競技開始に先立ち開会式が行われ、長野県電動車椅子サッカー協会 竹村孝会長挨拶の後、来賓として長野県障がい者スポーツ協会 半田事務局長のほか、長野県サッカー協会 松田正己会長、 (株)松本山雅 チーム統括本部強化担当 鐵戸(てつと)裕史アンバサダーが紹介されそれぞれ挨拶をいただきました。 電動車椅子サッカーは、体育館のバスケットボールのコートで、1チーム4人の選手が電動車椅子に乗ってプレーします。 選手たちは手・足・顎・口など、使用可能な身体部位で操作し、電動車椅子に取り付けたフットガードで直径32.5センチのボールを巧みに操り、パスやシュートなど迫力あるプレーを展開します。 今大会には、FCクラッシャーズとバレッツの県内2チームの他、県外4チーム(埼玉・神奈川・静岡・奈良)が参加し、10km/hカテゴリー(マックス10)、6km/hカテゴリー(パワフル6)に分かれて試合が行われ、優勝を目指して選手たちの熱いプレーが展開されました。 <大会結果> マックス10                     パワフル6 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー      ーーーーーーーーーーーー 優勝   FCクラッシャーズ(長野県)             BLAK HAMERS(埼玉県) 準優勝  奈良クラブ ビクトリーロード(奈良県)   

最新ブログ
アーカイブ
カテゴリー
【お問合せ】
公益財団法人 長野県障がい者スポーツ協会
​(長野県障がい者スポーツ指導者協議会事務局)
381-0008 長野県長野市下駒沢586
        長野県障がい者福祉センター内
TEL:026-295-3661
FAX:026-295-3662
E-mail:info@nsad.or.jp
​会員募集中